· 

ミャンマー・ラカイン州孤児院を訪ねて

ミャンマー人と結婚した日本人が、日本で家族が生活しているという理由で、ミャンマーとほとんど関わりのない日常を送る。配偶者のミャンマー人は、たまに同胞との付き合いはあるけれども、そこに日本人のパートナーがそこに出てくることはない。

日本の生活になじんでいるのだから、わざわざ家庭生活に「ミャンマーらしさ」を持ち込むことはない。

 

こういう異文化結婚の例は枚挙に暇がない。私自身、夫の同胞の配偶者が日本人のカップルで、家庭内にミャンマーらしさが持ち込まれたり、敢えて持ち込まれないことがあったりということを、結構見てきた。

 

もちろん、各家庭や各カップルの事情があるから、どういう文化を取り入れるのも各人の自由だ。経済的な不利益がもたらされるから、ミャンマーの要素を持ち込まないという家庭も見ているので、「各家庭で異文化出身の人々がいたら、平等に異文化を活かしあって生活するほうがよい」などと正義感ぶる気はない。

 

だから、私は夫の文化を活かして日本で生きてもいいし、完全に和風の生活を送ってもよいという「生活様式に関する選択肢」があるのだと、結婚して気が付いた。異文化の、他国の人と結婚して、他国の文化を家庭生活に反映するかどうかは、私の場合、結局は「自分がどういう風に生きたいか」という話だった。

 

 

 

私がどういう人生を送りたいか。私がどういう人生を送って、周囲をどのような環境にしていきたいか。

 

一人の人間が幸せならば、周囲の人間も笑顔になる。一人の人間が不幸であると認識していたら、周囲の人間はつらい気持ちになる。どの人も、自分の周囲を変える力がある。

 

「社会を変えたい」と言う政治家は多いが、結局は自分の生き様が、自分の住む地域、市を、県を、国を、世界をどういうふうにしたいかということにつながるのではないか。県や国や世界は大きすぎるかもしれないが、人間一人の可能性は、最終的に世界を動かす力を持っていると、私は信じている。

 

 

 

それで、私はどういう人生を送りたいかと考えたときに、

「日本の多文化共生に貢献したい」

という気持ちと

「異文化を楽しみながら、異文化の人々の役に立つことをしたい」

という2つの考えが浮かんだ。

 

だから、夫がミャンマー人であるという特性を活かして、

できる範囲でミャンマーに関係することを始めた。

 

執筆やミャンマーコンサル会社「日本ミャンマー支援機構株式会社」の起業、地域の異文化交流イベントへの参加は、

「日本で外国人が住みやすく、日本にいる日本人が外国人を受入れやすく」

「日本社会に役立つことで、ミャンマーの人々に裨益することを実践する」

という行動理念に基づいている。

 

仲間に恵まれて、日本でのミャンマー人定住支援や国際交流、国際協力活動を行うNPOリンクトゥミャンマーを立ち上げることもできた。設立1年が経とうとする今、会員やボランティア、役員や支えてくださる方々あわせて40人以上の人々とのつながりが発展しつつある。

 

私が大学生時代の2000年代前半は、「国際協力を実行するのは、専門知識を学んだ大学院出身の勉強ができる人だけ」というイメージが先行していた。でも、実際に日本で国際交流をする担い手は、学歴や特殊能力があるというより、数十年前に夫の海外赴任についていって海外生活の経験がある人や、ピースボートに乗った人や、日本にホームステイするアメリカ人を受入れた経験がある人など、ちまたにいて、海外との親和性がある、一般人が多かった。

 

ただ「夫がミャンマー人」というだけの人間でも、

国際交流の担い手になれると、こうした人々が教えてくれた。

 

仲間と共にNPOを設立したら、

異文化を日本に紹介する国際交流だけでなく、

発展途上の地域を支援する国際協力も、

「学歴がなくても、やり方を知ればできるな」と気が付いた。

 

 

「学歴より、やる気」

「これまでの職歴や失敗歴より、今の実行力」

が自分の周囲に対して、今までより良い価値を提供する力になる。

現状を突破するには、自分の今の気持ちと実行力を信じて、行動すること。

 

当たり前かもしれないけれど、非情にシンプルな事実に気付き、

大人になって夢を見放題の状態であることに、ワクワクしながら生きている。

 

自分が足りなかったところはたくさんあって、

かつて大学を卒業する際の論文をまとめるのが大変で友人の力を借りたとか

就職活動でうまくいかなかったとか、

筆の遅い記者で同僚や上司に迷惑をかけたとか、

 

足りない部分があっても、今、自分にできることは、ある。

 

 

 

というわけで、序論が長くなりましたが、

 

ミャンマーの少数民族州ラカイン州に国際協力支援をしています。

今後もより支援をしたいと考えています。

 

私の夫はミャンマー・ラカイン州出身のラカイン人です。

ラカイン州都シットウエから車で30分くらい離れた場所の農家の長男です。

上昇志向の母と姉の策略で、地元から州都シットウエの学校に進学し、

ミャンマーの当時の首都ヤンゴンに移住してヤンゴン大学を卒業しました。

 

彼は地元であるラカイン州シットウエに帰っても、あまり景気のよい話を聞きません。宗教問題による経済の減退、同級生の死……仕事がなく、男性人がこぞって出稼ぎに出る地域です。

 

ミャンマーで2番目に貧しい州から出て、日本に来るきっかけができて、

日本で起業して生活する……そういうチャンスに恵まれるのは

ほんの一握りの人間です。

 

ラカイン州が豊かになることにつながることをしたいと思います。私の人生が夢を見放題で、いつもワクワクしているのは、ミャンマー・ラカイン州の夫からさまざまな面白い文化を教わるからです。夫の出身州に何かを還元していかねばならないと考えます。

 

 

ラカイン州に